この演劇声優塾を立ち上げるキッカケになったのは、1人の少女の言葉でした。

「バイトをしてお金を貯めて、来年声優の専門学校に行きます!」

ちょっと待って!
だったら、俺が教えてあげる!
この業界への道が専門学校だけではないことを。

この瞬間に演劇声優塾は産声をあげました。

芝居における演技は、どこかで学ぶものではなくて、すでに誰もが持っているものなんだと思っています。

ただそれを伝えるだけ。
伝える手段が演技なんです。


その伝えることに、センスは必要なの?
いやいやいや!まったく必要ないです!

必要なのは、本気という名のハングリーさと、後先を考えない子どものような無謀さです。
あと、素直な心…。

自分と向き合い、本気になってあきらめず、そして自分に限界をつけずに、無邪気に楽しむ。
そうすることで、誰も教えてくれない眠っている演技を、目覚めさせてくれます。

私はその架け橋となって、お手伝いしたいんです。


誰も教えてくれない
どこでもやらない
そんなことを、私は伝えていきたいと思っています。


エグゼクティブ・プロデューサー
オフィス カンナ・ビス 代表
杉咲和彌

▲ページトップに戻る